val it: α → α = fun


dailynewsagencyというアカウントによってamaraの字幕が全部書き換えられたという通知が来たなと思ったら
http://dailynewsagency.com/2014/04/03/the-expert-v8w/
これか。そしてamaraのほうを埋め込むのか。

私の訳は適当すぎたので必要に応じて訳しなおすのは良いと思うのだが、こちらのほうが良い訳なら元にフィードバックすりゃいいのになぁ。

そしてamaraの訳は誰でも編集できるので好き勝手にいたずらができると思うのだがそんなことで大丈夫か。
2014-04-03T06:33:50.645Z permalink original post | +1 4 replies

KINESISを使っているとたまに変なモードになっちゃうことがあります。CtrlとかAltとかの挙動が狂っちゃう。
どうも変だな、と思ってたのですが、あるとき何故こんなことが起こるのかようやくわかりました。

KINESISにはいろんな隠しコマンドみたいな技があって内部状態を切り替えられるのだけど、そのうちにWindowsモードとMacモード(とUnixモード)というやつがありまして、このモードを切り替えることでCtrlとCommandの割り当てを切り替えたりできます。MacだとCommandのほうがよく使うからそのスイッチができるようになっているわけです。まあ、便利。かも?
で、このモードの切り替えはなぜか=キーを押しながらwだとWindowsモード、mだとMacモード、という感じに=キーがコマンドプレフィクスになっているのですね(=を押しながらsで現在の状態がわかる)。

で、わかったのは、Chromeの仕事をしていて自分の入れた変更を調べようと思ったときなど git log --author=mukai と打つとき、どうも自分の打鍵のクセで、=を離すより前にmを押すことがよくあるようなのですね。その結果Macモードに遷移しちゃってウゲー、という。なるほどそれは気付かなかった。

気づいてみたら単純な話で、しかもやっちまうとmはモード遷移に奪われるのでauthor=ukaiと別人表示になってしまうため、対応方法がわかってちょいめんどい程度の問題になりました。

そもそもこんなモードなくていいんじゃという気もしますが(KINESISは任意にキーを入れ替えられるので)、しかし、やるとしても隠しコマンドはもっとこう、普通押さないようなキーの組み合わせにしてほしいなと思った次第。
2014-04-02T03:45:03.346Z permalink original post | +6

イーガン『白熱光』を読んだ。個人的には、微妙。
読んだというか字面を追っただけなので、けっきょくのところはよくわからないままだ。解説を読んでも「へえ」という感じ。

この作品を褒める読者の心情というのがちょっとよくわからない。これはようするに(ある面では)極めて晦渋に書かれた科学発見史であって、それを読むところから世界がどうなっていくかを読み解くという筋立てなので、そこがわからないと何ひとつわからない、と思うのだが。
そこを放棄してしまったので、読んだといっても感想としては「わからない」という以上のものは出てこない。そしてそれは作者の期待する読み手ではないのだろうと思う。不勉強ですまんかった、という気分だ。

書かれている雰囲気としてはきわめて「フェア」であるように思われるので、おそらくきちんと物理の素養があれば、頑張って読めばすべてがわかるのだろうと思うし、素養なぞなくともそれなりに解説書などをもとになんとかなるだろうという気もする。

でもまあ、そんなに頑張って読み解きたいのだろうか、と自問すると、正直なところ、ぼくとしてはそこまでの興味も沸かない内容なのだった。
だからぼくのこの本に対する評価は「微妙」です。評価不能とも言えるのかもしれない。

ちゃんと時間をかけて読み、初読からそれなりにわかった人にとってはもっと面白いのだろうな、という気もするが。

: 白熱光 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ): グレッグ・イーガン, Rey.Hori, 山岸 真: 本
Amazon.co.jp: 白熱光 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ): グレッグ・イーガン, Rey.Hori, 山岸 真: 本
2014-03-24T02:38:29.654Z permalink original post | +1 1 replies

これは違うでしょ。

もちろん、雑誌記事としては正しい。でも、ソーシャルメディアに書いて盛り上がって「いいね」がつくのは、こういう起承転結のはっきりしたストーリーじゃない。

みんなそんなにしっかりとは読まない。言い方を変えると、ソーシャルで繋がってる人とはわりとコンテキストが共有されているので、細かいことはあんまり書かなくても通じたりする。雑誌記事は広く読まれるので、コンテキストが共有できないぶん、しっかり書かないといけなかったりするし、読者もそれがないと入りづらい。

食べログのレビューなんかにもこういうやつがあるが、個人的には全然ダメ。こういうエッセイ風に店の外構えから入店するまでの過程を描いたやつ。まあ好みの問題もあるし書き手の技量の問題もあるが、食べログで知りたいのは、ようは美味いか不味いか、美味いならどう美味いか、だからね。

ソーシャルメディアでウケるには、むしろ英語のレポート文体を真似るといいと思う。トピックセンテンスってやつだ。言いたいことをまず一言で言い切る。必要があれば補足する。段落構成も、結論の段落をまず始めにおいておく。最初の3行しか読まれなくてもいいぐらいの感じ。どうせみんな3行も読まないから、それで意味が通るぐらいのほうが盛り上がる。

なお不都合な真実としては、文章はなんでもよい、なくてもよい、というのが実態だと思う。写真が綺麗に撮れて、それがドカンと表示されれば勝てる感がある。ライターとしては物悲しいのだろうが……。

いいね!されるグルメレポートを書く技術 - デイリーポータルZ
味について書くのって結構難しい。食べ物の味を文章にする方法を書いてみようと思います。 (松本圭司)
2014-03-13T04:08:39.160Z permalink original post | +8 6 replies

コーヒー抽出器具についていろいろ調べて理解を深めた。変な機械がいっぱいあってちょっと面白い。
しかし、こんだけいっぱいいろいろあるわりに、お茶のような抽出法がないのは不思議だ。お茶とちがって粉にして抽出するからフィルタが大変なんだろうが、パックは使えそうだが……と思ってたら「コーヒーバッグ」で検索したらそういう製品は存在するっぽい。
自分で後から粉を入れる方式の場合、粉が漏れそうという問題はあるかな。
2014-03-09T23:01:12.948Z permalink original post | 3 replies

サイトデザインが変わったことだしPolymerをちょっと勉強してみることに。
web componentsにかなり依拠した構造ですね。カスタムエレメントを使いまくり。ajaxの場合すら、<polymer-ajax>という要素として抽象化されているというのは独特だなぁ(要素として書く必要はないが)。
データバインディングにはObject.observeやMutationObserverを使うということ?

angularなどほかのJSフレームワークとの違いは、ルーティングに相当するモノがないことだろうか。

Polymer - Welcome
Polymer is a library that uses the latest web technologies to let you create custom HTML elements. Build anything from a button to a complete application as an encapsulated, reusable element that works across desktop and mobile.
2014-02-22T07:33:33.532Z permalink original post | +3 1 replies

鈴木小波 ホクサイと飯
貧乏暮らしの漫画家が主人公の「自炊もの」まんが。そんなジャンルあんのかと思うかもしれませんが最近けっこうある気がします。そういう意味では二番煎じ的な面はありますが、比較的些細な自炊を楽しげに描いていて、個人的にはわりと気に入ったかも。カレーうどんの回が良い。
ぬいぐるみを手放せず、ぬいぐるみとの会話(という自問自答)でストーリーが進んでいくという「痛い人」が主人公なので、多少は読み手を選ぶかも。あと漫画家が主人公、という設定は生きているような生きてないような感じ。
作者の鈴木小波は『セカイのミカタ』 http://amzn.to/MLSZRv は既読でけっこう好きな感じだった。

: ホクサイと飯 (カドカワデジタルコミックス) eBook: 鈴木 小波: Kindleストア
Amazon.co.jp: ホクサイと飯 (カドカワデジタルコミックス) eBook: 鈴木 小波: Kindleストア
2014-02-02T04:49:34.190Z permalink original post | 1 replies

さすがに常識じゃないかと思ったが正答率はそんなでもないね。
ところで、「ユーリ・ガガーリンが搭乗し、「地球は青かった」という言葉で有名ですが、日本以外では「神はいなかった」の方が有名だそうです。」と回答のコメントにあったので、「へーそうなのか」と思ったけど、そうなのですね。

しかも、英語のウィキペディアによると "I don't see any God up here." という発話はまったく記録に残っていなくて、実際にはフルシチョフのスピーチでそういう発言があったものが混同されたものだそうで、さらにへえ度が高い。

クイズ・投票 - クイズ - 人類初の有人宇宙飛行に成功したのは? - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト(ナショジオ)
ナショジオジオグラフィック 公式日本語サイトでクイズにチャレンジしてみよう。ナショジオならではの科学や動物、環境、文化、宇宙、恐竜に関する問題を毎日出題します。
2014-01-29T05:25:10.037Z permalink original post | +1

引き続きAngularJS。
AngularJSってJSを動かさないと表示されないし、routeを使ったりすると、テンプレートもフェッチすることになる。ディレイもあるわけだが、まあ気にすんなってことなのかな……。
検索してみると、サーバサイドで動かして、みたいなことを頑張ってる人はいるらしい。
SEO的には、Googleはこの程度のことはやってくれているのか? AngularJSのチュートリアル自体がAngularJSで書かれてるけど、ちゃんと検索できてる。ふむ。
2014-01-16T04:06:30.752Z permalink original post | +3

たまにウェブマスターツールとかを眺めているのだけど、パスワードとソルトの話は人気が高いですね。(http://blog.jmuk.org/2013/02/blog-post_4.html これね)。正月になんかクエリ数が跳ね上がったのだけど、どこかで話題になったのだろうか?
検索順位も上だし、思えばこういう話ってあまり専門家向け以外に書かれないので、まあ悪くない内容だったのかなと思ったりしました。そういうネタがほかにあればやると良いのかなあ。いいネタは思いつかないけど。

いっぽう、本の感想はまったく必要とされていないようなのだが、まあそれはいいのだ別に。
2014-01-10T21:05:11.998Z permalink original post | +5